展覧会

※ こちらのページでは、米子市美術館が主催・共催する展覧会事業についてご紹介しております。その他のグループ・団体等が米子市美術館を会場に開催する展覧会やイベントなどにつきましては「貸館展示」のページよりご確認ください。
 
平成30年度年間スケジュール(展覧会予定)
下の画像をクリックすると大きい画像が開きます。 
 
年スケ30アイコン

第58回 米子市美術展覧会(市展)

会 期 : 平成30年 622日(金)〜630日([会期中無休]

時 間 : 午前10時 〜午後6時

会 場 : 米子市美術館

主 催 : 米子市、米子市教育委員会、(一財)米子市文化財団 米子市美術館

観覧料 : 無料

 

【作品受付について】

作品受付(搬入)日時 : 6月17日(日)午前10時 〜午後4時

搬入場所 : 米子市美術館

出品資格 : 米子市民

(米子市内の事業所、学校等に通勤し、又は通学する者、主たる生活の本拠地が米子市内にある者及び米子市内の美術団体もしくは米子市文化協議会加盟団体に所属している者を含む。但し中学生以下は除く。)

 

出 品 料 : 1部門1点につき 1,000円(高校生は無料)。

※一般出品作品の中から選ばれた市展賞・奨励賞の各受賞者に賞状と副賞を授与します。

※受付後の出品料の返却には応じません。

 

部 門 : 洋画(油彩画、水彩画、版画、デザイン)・日本画(水墨画含む)・書道・写真・

工芸(陶芸、手芸、木工、金工など)・彫刻

 

出品点数 : 洋画・書道は 1部門1点、日本画・写真・工芸・彫刻は 1部門2点まで

 


市展は、広く市民の皆様から美術作品を募り、発表と鑑賞の機会を設けることにより美術の振興に寄与することを目的に毎年開催している公募展です。

部門は洋画、日本画、書道、写真、工芸、彫刻の6部門があり、一般出品作品の中から選ばれた優秀作品には賞状と、副賞(市展賞10,000円相当、奨励賞5,000円相当)が贈られます。

(会期中は休まず開館します)


 

◎とっとり県民カレッジ連携講座

伯耆国「大山開山1300年祭」特別企画 特別共催展2 大山山麓の至宝 〜「大山」ゆかりの刀を中心に〜

鳥取県西部では古くから、大山山麓で産出する砂鉄を使用し、かんな流しとたたら製鉄で鋼を生産していました。こうした背景のもと、平安時代には、反りのある日本刀では日本最古級の名匠として知られる刀工・伯耆安綱を輩出しました。大山を中心に古代から現代へ連綿と続くこうした地域の歴史や文化の一端をひもといていくことによって、あらためて大山がもたらす恵みを知り、地域の良さを見直します。


会 期 : 平成30年 729日()〜826日() [毎週水曜日休館]

時 間 : 午前10時 〜午後6時

会 場 : 米子市美術館

主 催 : 伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会、米子市、米子市教育委員会、

(一財)米子市文化財団 米子市美術館

 

共 催 : 鳥取県、大山町、鳥取県教育委員会、鳥取県立博物館

 

観覧料 : 一般800(600)円、大学生400(300)円、高校生以下無料

 

*( )内は前売、10名以上の団体、障がいのある方(付添1人を含む)の料金。

*次の方は当日料金の100円割引(重複利用不可)

・70歳以上の方

・Feel友の会、米子市歴史館友の会会員の方(要会員証)

・鳥取県ミュージアム・ネットワーク加盟館のチケットや年間パスポートをご持参の方

 

とっとり県民カレッジ連携講座 /ミュージアムスタンプラリー対象事業 

過去の展覧会

PAGE TOP