• 2
  • 1
  • 4
  • 3

トピックス

  • 常設展1「所蔵彫刻作品全公開!」

    【次回展示開催予告】 2016/9/4 〜10/2常設展1「所蔵彫刻作品全公開!」
    米子市出身の彫刻家・戸田海笛(とだ・かいてき/1888-1931)の《喜怒哀楽の図》ブロンズレリーフ設置にちなみ、当館で所蔵する彫刻作品(木彫、ブロンズ、陶彫など)を寄託作品も含め初めて一堂に公開します。海笛の弟子であった杵谷精一(きたに・せいいち/1897-1970)や、陶土でつくった塑像を焼成する「陶彫」により大胆な造形を生み出し、ヴェネチア・ビエンナーレにも出品するなど国際的な評価を得た西伯郡伯耆町出身の辻 晉堂(つじ・しんどう/1910-1981)等の作品を紹介します。
  • 【お知らせ】米子市美術館玄関付近の工事について
    現在、米子市美術館の玄関付近はレリーフ設置工事作業中につき足もとが大変悪くなっています。ご来場の際は係員の指示に従い、お気をつけてご入場ください。
  • 特別企画展 國頭繁次郎生誕100年記念 「−シベリアの記憶− 國頭繁次郎と宮崎進」

    【終了しました】2016/7/17 〜8/21特別企画展 國頭繁次郎生誕100年記念 「−シベリアの記憶− 國頭繁次郎と宮崎進」
    米子市淀江町出身の洋画家・國頭繁次郎(くにとう・しげじろう/1916〜1969)の生誕100年を記念し、國頭と同じくシベリア抑留経験者である画家・宮崎進(みやざき・しん/1922〜)の作品とともに約70点を紹介します。
  • 【終了しました】 2016/7/22 〜8/1鳥取県指定無形文化財・保持者認定記念展「陶芸・山本浩彩、革工芸・本池秀夫 〜多彩と淡彩のコントラスト〜」
    鳥取県指定無形文化財の保持者として認定された「陶芸」山本浩彩(やまもと・こうさい/倉吉市)と、「革工芸」本池秀夫(もといけ・ひでお/米子市)両氏の技と作品を紹介します。
  • 第56回米子市美術展覧会(市展)市展賞及び奨励賞受賞者の決定について

    【お知らせ】第56回米子市美術展覧会(市展)市展賞及び奨励賞受賞者の決定について
  • 特別共催展「生誕100年 ターシャ・テューダー展」

    【終了しました】2016/4/29 〜5/29特別共催展「生誕100年 ターシャ・テューダー展」
    アメリカの絵本作家ターシャ・テューダーの生誕100年を記念し、絵本原画や愛用の食器や家具、ガーデニンググッズ、ドレス、日本初公開となるドールハウスと人形など約200点を展示します。また、(一社)鳥取県造園建設業協会の協力により、会期中「ターシャの庭」をイメージした庭を展示します。草花咲き誇る春、ぜひ米子市美術館でターシャの世界をお楽しみください!

お知らせ

PAGE TOP