トピックス

2019年度 第59回 米子市美術展覧会(市展)

市展(してん)は、広く市民の皆様から美術作品を募り、発表と鑑賞の機会を設けることにより美術の振興に寄与することを目的に毎年開催している公募展です。部門は洋画、日本画、書道、写真、工芸、彫刻の6部門があり、一般出品作品の中から選ばれた優秀作品には賞状と副賞(市展賞1万円相当、奨励賞5千円相当)が贈られます。皆様のご出品をお待ちしております!

特別共催展「チームラボ☆学ぶ!未来の遊園地」

「チームラボ☆学ぶ!未来の遊園地」は、共創(共同的な創造性)をコンセプトにした教育的プロジェクトです。これまでに世界各地で開催され、累計来場者数は1,000万人を達成しました。本展では「お絵かき水族館」「天才ケンケンパ」「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」「光のボールでオーケストラ」「小人が住まうテーブル」の計5作品を展示します。
PAGE TOP